シングルマザーは転職サイトで活動してはいけません!キャリアアドバイザーが提案するおすすめの方法

シングルマザーで転職に苦戦している女性の方も多いのではないでしょうか。

私の周りでも、シングルマザーでなかなか転職できない女性が多く、まだまだ日本の雇用に疑問を感じています。

あまり良い数字ではありませんが、今の日本は3組に1組は離婚していると言われています。

離婚後にシングルマザーになる女性も多く、こういった女性の雇用について真剣に考えていきたいと思います。

今回は、キャリアアドバイザーの方に、シングルマザーの転職方法について聞いてみました。

もしシングルマザーで、転職先がなく困っているのであれば参考にして下さい。

スポンサードリンク

シングルマザーが転職サイトで失敗する理由

さてシングルマザーの転職についてですが、キャリアアドバイザーの方の意見としてはまだまだ厳しい状況というのが本音のようです。

女性の社会進出は活性化されている気もしますが、それでもシングルマザーは転職が難しいのでしょうか?
今は男女雇用機会均等法という法律により性別に関係なく平等に扱わなければなりません。ですが残念ながらシングルマザーの転職に関しては厳しいです。

法律は建て前の話であり、企業の実態としては男性中心になっていまるのが現実です。

転職サイトなどの求人を見ると、性別は関係なく経験を重視して募集要項も多いので、シングルマザーにもチャンスはあると思いました。

ですが、現実は違かったのです。

求人の裏側の事情としては、求人を公開している段階で、その求人で採用する人材の性別も決まっていることがほとんどです。

なんと、男性が多い企業の場合は、自然と男性中心の採用になっているケースが多いとのです。

つまり、シングルマザーで転職できそうな求人でも、実際の転職採用枠は限定されてしまうのです。

ハローワークや転職サイトの条件には、シングルマザーについて触れていないことが多いです。

応募できそうな求人があったとしても、現実問題として採用されない可能性が高いことにショックを受けました。

シングルマザーは即戦力だとしても転職が難しい

次にシングルマザーが転職市場で採用率が低くなる理由について聞いてみました。

シングルマザーでも経験があれば転職できそうなものですが、どうなのでしょうか?
シングルマザーで転職に苦戦するかは、子供の年齢も関係します。子供がまだ幼い場合ですと、1日の時間を仕事だけに傾けることが難しいと思われ、企業から敬遠されることがあります。

なかなか転職できないシングルマザーの方は、もしかして小さなお子様がいるのではないでしょうか。

シングルマザーの場合、独身だったとしても仕事と家庭の比重は同じくらいにする必要があり、そのためには1日の仕事時間に限りが出てくる可能性が高いです。

仮に両親が揃っている場合であれば、いずれか一方は育児、他方は仕事ということで役割分担をすることができますよね。

シングルマザーの場合は育児と仕事の両方を行わなければならないため、どうしても仕事に制限があると思われ転職でネックになるのです。

どの企業も即戦力を期待して、中途採用を行います。即戦力ということは、仕事を通して会社に貢献することを意味しますが、そのためには残業などの融通が利くことも採用の条件になるのです。

幼稚園や保育園に子供を預けているシングルマザーは、お迎え時間がありますから、仕事に充てる時間は限度があるため転職市場では不利になります。

例えば、預かり保育の最終時間は19時になりますので、通勤時間を1時間と想定すると6時には会社を出なければ間に合いませんよね。

つまり、残業することができないということになります。

シングルマザーの場合、仕事によっては急ぎで対応しなければならない、残業しなければ納期に間に合わないということに対応できないことを企業が危惧しているのです。

子供のお迎え時間があるため、残業できないなどのリスクがあるため、企業はシングルマザーを積極的に採用できないのです。

企業からすると、仕事で計算が立たない可能性があるシングルマザーを採用するよりも、独身の女性で柔軟に残業にも対応できる人が採用しやすいのですね。

シングルマザーが転職を成功させるための方法

これまで説明したように、シングルマザーの転職活動はかなり苦戦することは間違いありません。

シングルマザーの転職を成功させるにはどうしたらいいですか?
まず、絶対にやってはいけない転職方法は自分一人で転職活動をすることになります。
どうしてですか?
転職サイトやハローワークのように、求人探しから書類作成・面接対策まで、転職活動のすべてをシングルマザーが一人で行うには無理があります。転職をサポートしてくれる支援を利用しながら転職することが、シングルマザーの転職には不可欠です。

確かに、育児を行いながら仕事を探したり、書類や面接の対策をするのって大変ですよね。

では、どんな転職支援を利用するのがシングルマザーにおすすめなのか、キャリアアドバイザーの方の意見としては「転職エージェント」の利用でした。

転職エージェントを利用すると無料でキャリアアドバイザーが専任として担当になります。キャリアアドバイザーの存在はシングルマザーの求職者にとっては非常に大きな存在です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーがシングルマザーの転職に有効な理由としては、

  • 転職活動のノウハウを教えてくれる
  • シングルマザーでも転職できる求人を紹介してくれる
  • 書類作成や面接対策などのあらゆる支援をしてくれる
  • 転職の悩みがある時にアドバイスをしてくれる

といった支援を無料で受けることができるからです。

シングルマザーで転職活動に苦戦しているのであれば、転職エージェントの利用を考えても良いですね!

シングルマザーは紹介予定派遣という選択もあります

転職市場はシングルマザーに冷たい性格を持っているので、転職は苦戦することが予想されます。

また、転職ができたとしても、思っていたのと違かったという結果になることもあるそうです。

転職してみたら選考中に聞いていた環境よりも悪く、育児と仕事を両立させることができないケースもあります。そうなると退職せざるを得なくなります。

仕事を辞めるということは、給料がありませんから生活は当然苦しくなりますよね。

入社前のイメージと異なる環境はシングルマザーからすると八方塞がりであり、死活問題になってしまいます。

せっかく転職しても辞めては意味がありませんよね。何か他に良い方法はないのでしょうか?
キャリアアドバイザーとして、シングルマザーの女性に提案したい方法に紹介予定派遣があります。

紹介予定派遣は、転職する段階は正社員ではなく派遣社員として働く仕組みになります。

派遣社員と言っても、半永久的に派遣社員で働くということではなく、正社員を予定した派遣社員という新しい形の働き方になります。

派遣社員で転職して、実際にその企業で働きながら企業のことを知り、その企業が自分のワークスタイルに合っているかを自分で確かめられるメリットがあります。

紹介予定派遣という選択を取ることで、転職前と後のギャップが少なくなるのですね。

紹介予定派遣の場合、正社員への雇用変更も1年や2年という長期間ではなく、6カ月以内で判断ができますので、期間的にも十分だと言えますね。

正社員面談も、一般的な転職とは異なり、かなりフランクで選考基準が低いのが特徴です。面談と言っても、すでに一緒に働いている上司が担当で、その内容も雑談のようなものですから、ほぼ100%に近い正社員への転換率があります。

正社員になることができれば、雇用の安定は確保でき育児と仕事の両立を本当の意味で実現することができますね。

シングルマザーで転職に苦戦しているのであれば、こうした働き方も検討してみて下さい。

今回は、現役のキャリアアドバイザーの方にシングルマザーの転職事情を聞いてみました。

まだまだシングルマザーには厳しい転職市場ですが、やり方次第でワークスタイルに合った転職ができるので参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)