行き先がわからない?!ミステリーツアーに参加してみた【1日目】

 

スポンサードリンク

クラブツーリズムの「ミステリーツアー」に参加してみた

「ミステリーツアー」その名前だけでわくわくしてくる響きですよね。

どこに行くの分からない、行ってみて初めて分かるドキドキの旅。

今回はバス旅の大手、クラブツーリズムさんのミステリーツアーに参加してきたのでレポートしたいと思います!

 

行き先は秘密!18個のポイントの中にヒントが

私が参加したツアーで、まず申し込みの際に分かっているのは、一泊二日のバス旅であること。

5食付きであること。

この他に2018年にちなんで18のポイントがありました。

①握り寿司など70種類の和洋中バイキングの夕食

②トリュフ&フォアグラソースの鉄板ステーキ

③チョコレートファウンテンやアイス、オリジナルスイーツも食べ放題

④和洋バイキングの朝食

⑤露天風呂、ヒノキ風呂、洞窟風呂で〇〇山麓から湧く温泉を満喫

⑥夜は足湯に浸かって満点の星鑑賞

⑦部屋は和洋室

⑧お楽しみ抽選会で当たる!広々メゾネットタイプのお部屋

⑨ホテルの売店で使える割引券付き

⑩おにぎり弁当の昼軽食

11.2日目は〇〇うどんと野菜の天ぷらの昼食

12・〇〇県ならではの〇〇弁当の夕軽食

13・おしゃれで開放感溢れる〇〇〇〇〇〇へ

14・階段下に社殿がある珍しい神社を参拝

15・とある道の駅でお買い物

16・とある酒蔵の見学

17・〇〇〇〇〇バイキングをお楽しみ

18・パワースポット!〇〇観音を参拝

という、肝心な所が〇〇なっているという普通ではありえない広告でした。笑

あそこかな?とか色々考えたりするのがクイズみたいで楽しかったり。

期待はずれだったら嫌だなぁ…なんて思ったのですが、こんなに色々な所を巡って値段が超破格の15,000円だったんですよ!

普通に交通費と宿泊するだけでそれくらいは軽く超えてしまうえあろう、超お得なツアーだったので「これなら多少残念でも許せる!笑」と、初めてのミステリーツアーへ申し込むことにしたのでした。

 

 

スポンサードリンク

ミステリツアーの体験レポート!参加者はどんな人達??

私が参加したのは3月の半ば、仙台から出発するツアーです。

平日だったので、参加人数少ないんじゃないかな?と思っていたのですが、なんとほぼ満席!40人くらいはいたでしょうか。

参加していたのは、マダムのお友達同士や、男性1人、高校生くらい男の子グループなど様々。

一番多かったのはご夫婦で参加されている方々でした。リタイヤして時間がある方々なのかな?

いくつになっても奥さんと2人で仲睦まじく旅行するなんて素敵だなぁと思いました。見ていてとてもほっこりしたのでした。

和気あいあいとした雰囲気の中、バスは仙台駅前を出発。

私たちの席は前から2列目でした。

1日あたり500円の追加料金を払えば前から2列目までの席してもらえるのです。

一緒に参加した友人は車酔いしやすいので2日目とも前の席にしてもらっていました。前の席は見晴らしも良く、すぐに降りることが出来るので、時間が限られているツアーにおいては前の席にしておいて大正解でした!

いつも真っ先に降りることが出来るので、トイレに走りたい時にも助かります。笑

バスは通路が狭い代わりに座席の間隔が広めに作られているそうで、足元がゆったりしていたので車内はとても快適でした。

この日は朝から雨が降り、風も強いというあいにくのお天気だったのですが、高速を2時間走るとだんだんと天気も回復してきて晴れ間も見えて来ました。

添乗員さんは目的地をぎりぎりまで言わないとのことだったので、皆さん高速の分岐点がある度にドキドキしているようで楽しそうでした。

やはり皆さんだいたいの予想をつけて来ているようで、特に旦那さんたちは地図を見ながらこっちだあっちだと、進路を気にしているようでした。

これがミステリーツアーの楽しみなのかと、改めて感じました。

トイレ休憩は1時間30分間に一度ありました。

軽食で出たおにぎりを食べたり、写真を撮ったり、おしゃべりしたりしているとあっという間に最初の目的地に到着しました。

東北道から北関東道に入り、上信越道へと、走る走る。なんと4時間ほど走っていました。

間隔的には2時間くらいかなと思ったので、あっという間でびっくりしました。

着いた所は群馬県!甘楽町という、世界遺産の富岡製糸場の近くのある場所です。

群馬県はこんにゃくの生産量日本一!ということで誕生した施設「こんにゃくパーク」が最初の見学場所でした。

ここは日本で最大級のこんにゃく生産工場で、工場見学ゾーン、こんにゃくバイキングゾーン、お土産ゾーンの3つのゾーンが繋がってできているそうです。

ミステリーツアーの18のポイントの17がこんにゃくバイキングだったんですね。

f:id:harutanV:20180404174229j:plain

 

意外と楽しいこんにゃく工場見学

まずは二階に上がり工場見学からスタートです。

こんにゃく、白滝、ゼリーを作っている所をガラス越しに見ることができます。

ここは白滝を作っている所。

黄色い白滝はこんにゃくラーメンの麺です。中華麺の代わりにこんにゃくを麺にして食べるのは、糖質制限している人に人気ですよね。あと、ヨーロッパで今ヘルシーなパスタとして白滝が人気があるって何かで見たことがあります。ツルツルしてて美味しいですもんね〜

ちなみにここで見ていたら、白滝の袋詰めがエラーになったようで作業している方がてんやわんやしていて大変そうでした。笑

そんな生の姿を見られりるのが楽しいですよね。

f:id:harutanV:20180404175028j:plain

ここは板こんにゃくの工場。次々とこんにゃくが袋詰めされて流れていきます。

レーン横のハネ出しと書かれたカゴに、はじかれたこんにゃくが見えます!

f:id:harutanV:20180404175146j:plain

 

 

 

これが無料?!種類豊富なこんにゃくバイキング

工場見学を終えて一階に降りてくると、すごい行列ができていました!

これが噂のコンニャクバイキングコーナーです。

手前右の列が一般客用で、奥が団体客用です。

平日で、しかもお昼を過ぎているのにも関わらず一般もすごい列です。

これ、なんと無料で食べられるバイキングなんですよ〜!おじゃマップなどのテレビでも紹介されているそうで、すごい人気でした。

f:id:harutanV:20180404175249j:plain

団体の方もすごい行列で、10分ほど並びようやく順番が回って来ました。

驚いたのが種類の多さ!全てコンニャクをメインにした料理です。

コンニャクの味噌煮込み、コンニャクカレー

f:id:harutanV:20180404175412j:plain

玉コンニャクの煮物、田楽味噌コンニャク

奥にコンニャクラーメンもあります。胡椒が効いたスープにツルツルのコンニャク麺が良く合っていって美味しかったです!

f:id:harutanV:20180404175547j:plain

こちらが特に美味しかった「タコさんコンニャクの唐揚げ」

ちょっと歯ごたえのあるコンニャクに唐揚げのスパイスの味がします。コンニャクが鶏肉の皮のような食感になっていて美味しいです!

f:id:harutanV:20180404175637j:plain

デザートもありました。ゼリーや寒天の中に何故かある、レバ刺し風コンニャク!笑

味が気になりますが、今回はパスしました。笑

ちなみにこのバイキングの商品はお土産コーナーで販売しているようでした。

f:id:harutanV:20180404175743j:plain

全体的にクオリティーが高く、とても美味しかったですよ!

これだけの種類が食べられて、しかも無料だなんてそりゃあ人気も出ますよね。

しかもカロリーもほぼ無いコンニャクですし、いっぱい食べても罪悪感なし!

近くにあったら月一くらいで来たいもん。笑

こちらがお土産ゾーン。見渡す限りコンニャク!!

コンニャクの可能性って無限です。

f:id:harutanV:20180404175927j:plain

 

ワンコインのこんにゃく詰め放題が楽しすぎる

 

バスの出発時間が迫る中、見つけたらやりたい詰め放題!!

しかも500円で大きなコンニャクゼリー詰め放題です!やるっきゃないでしょう!

ちなみに板こんにゃくと玉コンニャクの詰め放題もありました。

f:id:harutanV:20180404180027j:plain

ギュウギュウに押し込んでいく私たち。

ここからさらに3つねじ込みました。笑

合計11個のコンニャクゼリーをゲットしました!

詰め放題ってなんでこんなに楽しいのでしょうか。袋を伸ばすところから勝負は始まりますからね。

楽しいのでほんとおすすめです。

f:id:harutanV:20180404180107j:plain

次にバスが到着したのがこちらの神社。

群馬県富岡市にある一ノ宮貫前神社です。

f:id:harutanV:20180404180446j:plain

こちらは鳥居から階段を下った所に社殿があるちょっと珍しい神社です。

こういう配置は「下り宮」と呼ばれるそうです。

本殿や拝殿は重要文化財に指定されています。

f:id:harutanV:20180404180207j:plain

階段を下ると、静かでとても厳かな雰囲気。パワーがもらえそうな場所でした。

戻って向こう側へ歩くと見晴らしがとても良い場所がありました。

山々綺麗に見えます。

f:id:harutanV:20180404180700j:plain

 

軽井沢へ!カルテッドのロケ地に大興奮

 

次の場所は群馬から長野県に入り、避暑地としても有名な軽井沢でした!

様々なお店が並ぶ旧軽井沢銀座の散策です。

去年どハマりしていたドラマ「カルテット」のロケ地だった軽井沢に私のテンションも急上昇しました!

まだ雪もあり、カルテットで見た景色が思い出されます

しかし、残念なことに旧軽井沢銀座のお店の多くは17時で閉まるとのこと。

到着したのが16時50分くらいでしたので、ほとんどのお店は閉まっていました〜泣

f:id:harutanV:20180404180907j:plain

一番見たい場所だっただけにショックも大きく。

行きに渋滞に巻き込まれてしまったので時間が押していたんです。

夏に間はもっと遅くまでお店はやっているそうですよ。

目当てのソフトクリーム屋さんも閉まってました…泣

お土産屋さんやまだ開いているお店もありましたよ〜

f:id:harutanV:20180404181104j:plain軽井沢デニムストリートなるお店や

f:id:harutanV:20180404181245j:plain

マドレーヌチーズバーガーなんていう魅力的なものまでありましたが、夕食が食べられなくなると思い断念しました。(泣)

f:id:harutanV:20180404181347j:plain

旧軽井沢銀座といえば、名物の中山のジャムやミカドコーヒーなどが有名ですよね。

他にもお洒落なお店がたくさんありました。

f:id:harutanV:20180404181439j:plain

今回時間が無かった私たちが添乗員さんの勧めで訪れたのが「軽井沢聖パウロカトリック教会」です。

f:id:harutanV:20180404181632j:plain

誰でも自由に見学できるようでした。

軽井沢らしく木のぬくもりが感じられるとても素敵な教会でした。

f:id:harutanV:20180404181924j:plain

振り返ると頭上にはパイプオルガンありました。

外に出ると外国の方がウェディングフォトを撮影していましたよ。海外に方にも有名なんですね〜

f:id:harutanV:20180404181728j:plain

 

 

夕食はバイキング!温泉は星空満点の露天風呂

 

軽井沢の後は今回の宿泊先へむかいます。

車内でホテルの当たれば部屋がグレードアップする抽選会もあったのですが、見事落選。笑

くじを最初と最後に引いた2組が当選するというミラクルがおきて車内が湧きました。

宿泊先は「ホテルグリーンプラザ軽井沢」でした。

到着したときには真っ暗だったので翌朝撮った一枚です。

f:id:harutanV:20180404182153j:plain

ロビーはこんな感じです。とても広い大型ホテルのようです。

敷地すぐ近くにおもちゃ王国という施設があるので子供連れが多いようでした。

f:id:harutanV:20180404182245j:plain

お部屋は和洋室で、手前には畳でコタツもあるスペースがありました。

多少歴史は感じられるホテルですが、清潔で何不自由なく過ごせました。

f:id:harutanV:20180404182353j:plain

夕飯は何と言っても70種類のバイキングです!

すごい種類で、人もすごい!笑

子供さんがいっぱいいてキャッキャしていたのであまり写真には撮れませんでした。泣

こちらは信州名物十割そばと鶏ネギラーメン。

f:id:harutanV:20180404182459j:plain

こちらが鉄板焼きステーキ。若姫牛という牛のお肉で、トリュフとフォアグラのソースもちゃんとかけました〜〜。味は、ちょっと薄かったかな。笑

f:id:harutanV:20180404182557j:plain

一番美味しかったのが、おやき!!

長野県名産、野沢菜のおやきが美味しかった〜!皮の甘さと野沢菜の塩気が絶妙で何個でもいける美味しさ!

これだけ3つくらい食べたくらい好きな味でした。

f:id:harutanV:20180404182751j:plain

デザートもいっぱいありました。この横にチョコレートフォンデュとわらび餅がありました。

友人はこのわらび餅がいたくお気に入りでたぶん5回は取りにいっていました。笑

f:id:harutanV:20180405103727j:plain

バイキングはあまり期待してなかったのですが、種類も多くて味もとても美味しかったです。

温泉は露天風呂が充実していて洞窟風呂があったり、檜風呂があったり、とても良かったです。

どれも大きいのでゆったりと入ることもできますし、夜には満点の星空も見ることが出来ました。

http://www.hgp.co.jp/inf/Z10/hgp/n_cmn_img/spa/gallery_spa/spa01_img01_m.jpg

引用:www.hgp.co.jp

外には足湯もあり、行きたかったのですがあまりにも寒くて断念。(泣)

しかし温泉で体はポカポカになり、大満足で一日目を終えました。

次回は行き先がわからないミステリーツアーに参加してみた2日目の旅を紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)