オールインワンジェルおすすめランキング!元美容部員が教えるメリットとデメリット

オールインワンジェルは、毎日のお肌のお手入れが簡単にできるスキンケアとして人気があります。

化粧水→乳液→美容液の順番でスキンケアするのって正直、面倒ですよね。

オールインワンジェルを使えば1回で完了するので、朝の忙しい時間のスキンケアを短縮することができます。

個人的にもオールインワンジェルは気になっていたので、色々な商品を試してみました。

オールインワンジェルを使ってみて、そのデメリットやこういった使い方が良いというのがわかってきました。

人気のオールインワンジェルを使った口コミと、おすすめの商品を紹介するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

オールインワンジェルのメリットは化粧品業界の画期的な考え方から来ています

オールインワンジェルの紹介をする前に、まずはオールインワンジェルの効果とメリットをお教えしますね。

肌への刺激と負担が少ない

今ではすっかりと定番の基礎化粧品の1つ となったオールインワンジェルのはじまりは、実は15年前まで遡ることができます。

オールインワンジェルは元々、皮膚科医などが中心となり、スキンケアの時に、どうしても肌に与えてしまう摩擦や刺激を少しでも減らす為に「1度で全てのスキンケアを可能にすること」を目的につくられた多機能スキンケア製品です。

つまり、オールインワンジェルは、洗顔後に使用するだけで、化粧水、乳液、美容液、クリームを重ね塗りしたのを同じ効果を得ることができる、肌思いの基礎化粧品なのです。

そんな目的から開発されたオールインワンジェルなので、意外に感じるかもしれませんが、実は、肌が荒れやすい方や敏感肌の方にこそおすすめです。

肌は私たちが考えている以上に繊細です。

衣服やタオルで擦れたり、スキンケアの時に、化粧水やクリームを指やコットン、手の平で塗り込むだけでも刺激になり、肌に悪影響を与えてしまうのです。

なので、健やかなお肌を保つためのスキンケアさえ、方法によってはお肌を傷つけてしまう可能性があるのです。

スキンケアを行う際には、とにかくそっと行うことと、肌に触るのは最低限に抑えることが重要です。

つまり、塗る回数が1度で済むオールインワンジェルは、スキンケアの時に、肌を刺激する時間が少なくなるため、結果的に肌への刺激や負担を減らすことができるのです。

短時間で簡単にスキンケアが可能

ごく当たり前の事ですが、洗顔後に、一般的な基礎化粧品である、化粧水、乳液、美容液、クリームを4度使用するよりも、オールインワンジェルを1度のみ使用する方が、時間がかかりません。

短時間のスキンケアで、今までと同じ効果は得られるオールインワンジェルは、なにかと忙しい現代女性はもちろんの事、普段あまりスキンケアをする習慣のない男性や小さなお子様など年齢や性別を問わず、洗顔後や髭剃り後のスキンケアとして使用しやすいと思います。

コストパフォーマンスが良い

こちらもごく当たり前の事ですが、一般的な基礎化粧品である、化粧水、乳液、美容液、クリームなど4種類の化粧品を買うよりも、オールインワンジェル1種類を買う方が経済的に安く済みます。

オールインワンジェルを含めた基礎化粧品は、全て消耗品で、定期的に購入する必要があります。

昔から「塵も積もれば山となる」という有名なことわざもありますし、不必要な出費を抑え、賢く節約したい方にもオールインワンジェルはお勧めです。

もちろんオールインワンジェルも多種多様です。

中にはかなり高級で高額なものもありますが、質が良く、かつ、お手頃な金額のものも多いので、ご自身の予算と肌質に合うという条件を満たしたオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

最近のオールインワンジェルは本当に優秀!美白機能やエイジング、ニキビ対策も

現在、オールインワンジェルは、本当にたくさんの種類が販売されています。

無添加にこだわったもの。

  • 敏感肌の方のためにつくられた
  • ニキビに悩む方のためにつくられた
  • 美白成分が贅沢に配合されている
  • シミやたるみと言ったエイジングケア効果のある
  • 老人性イボを予防してくれる

また、その形状も、化粧水に近いさらさらとした液体タイプや、肌馴染みの良いジェルタイプ、しっとりとしたクリームタイプ、固形に近いタイプもあります。

また、化粧水、乳液、美容液、クリームだけでなく、パックや化粧下地などのより多くの機能を兼ね備えたオールインワンジェルも数多く存在しています。

つまり、使用する方の肌質や肌の悩み、好みなどに適している、オールインワンジェルを選ぶことができるのです。

オールインワンジェルの効果は?気になるデメリットについて説明します

大変便利でメリットの多いオールインワンジェルですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットとして、挙げられやすいのは、

  • 乾燥しやすい
  • 1つでは物足りない気がする
  • ベタベタして使用しにくい
  • 肌馴染みがイマイチ

などの使用感に対する不満です。

これは私自身も使ってみて感じたことで、オールインワンジェルの大きなマイナス点になります。

ただ、これらのデメリットを解消するおすすめの方法もあるので、ご紹介します。

オールインワンジェルで乾燥対策

乾燥が気になる方の場合は、オールインワンジェルの2度付けがお勧めです。

洗顔後、メーカーの規定使用量を両方の手の平全体に伸ばし、顔全体にゆっくりと乗せるように馴染ませましょう。

その後、その1/4から半分の量を、手の平や指先に馴染ませ、口元や目元、頬など乾燥しやすい部位やつっぱりを感じやすい部位に重ね乗せをします。

そうすることで、より保湿機能が高くなり、肌が乾燥しにくくなります。

オールインワンジェルのベタベタ防止

使用感のベタベタが気になる方の場合は、さっぱりとした使用感の水分量の多いオールインワンジェルや、液体タイプのオールインワンジェルがおすすめです。

また、夜はクリームに近いタイプのオールインワンジェルを使用し、朝は液体に近いタイプのオールインワンジェルを使用するなど、使用感のちがう2種類のオールインワンの使い分けも有効な方法です。

クリームタイプのオールインワンジェルは、乳液タイプのオールワンジェルと比較すると、肌に浸透するまでにどうしても時間がかかってしまいます。

あまりメジャーではありませんが、オールインワンジェルが肌に浸透する前にメイクを開始してしまうと、ファンデーションがよれやすくメイク崩れが起きやすくなってしまいます。

朝は忙しいという方や、スキンケアやメイクにそんなに時間はかけられないという方は、朝に使用するオールインワンジェルは、クリームタイプや固形タイプは避けた方が無難です。

効率を考えても、なにかと忙しい朝は、すぐに肌に浸透する、さっぱりとした乳液タイプのオールインワンジェルでさっとスキンケアを行いましょう。

睡眠によりお肌の調子を整える夜には、保湿効果の高いクリームタイプのオールインワンジェルでじっくりとスキンケアを行うというのはおすすめの方法です。

スポンサードリンク

オールインワンジェルの唯一の弱点!これだけはどうしようもないこと

メリットが大きいオールインワンジェルですが、克服できない弱点が1つだけあります。

それは、ズバリ、肌への浸透力です。

ある化粧品メーカーが調査を行ったところ、プロのエステティシャンはオールインワンジェルを高く評価していないという結果が出ました。

その理由は非常にシンプルで、化粧水、乳液、美容液、クリームの4種類を使用するのと比較すると、オールインワンジェルは肌への浸透力が低いからです。

また、化粧品メーカーが独自で行った実験でも、オールインワンジェルよりも化粧水、乳液、美容液、クリームの4種類を使用した方が肌への浸透力が高いという結果が出ています。

もちろん、オールインワンジェルは非常に便利で、スキンケア時間の短縮や、コストパフォーマンスが優秀、スキンケア時に肌に負担をかけないなどのメリットがあります。

ですが、その一方で、コストは高めでスキンケアの時間もかかりますが、化粧水、乳液、美容液、クリームを肌に負担がかからない正しい方法で使用した場合、オールインワンジェルよりも質の良いスキンケアを行う事ができるのです。</span

ですので、オールインワンジェルの優れた点と、化粧水、乳液、美容液、クリームを使用する場合の優れた点の両方を比較して選択してください。

ある程度のお金と手間暇をかけても、しっかりとスキンケアを行いたいという方は、オールインワンジェルを使用するよりも、化粧水、乳液、美容液、クリームを使用する事をおすすめします。

補足としてお伝えすると、手を抜きがちになってしまうスキンケアであれば、オールインワンジェルを使ったスキンケアの方が簡単ですし効果が期待できます。

スキンケアに時間をかけたくない、時間をかけられない女性の方は、オールインワンジェルを選択することをおすすめします。

特に子育て中の主婦の方や、少し手を抜いてでも楽をしたい女性にオールインワンジェルはピッタリです!

オールインワンジェル徹底比較!人気おすすめランキング

全てのオールインワンジェルを使うことはできませんでしたが、人気のオールインワンジェルや個人的に気になったものを口コミするので参考にして下さい。

メディプラスゲル

おすすめ
料金 2,996円(初回)
3,996円(通常)
内容量 180g(2か月分)

私はやや敏感肌なのですが、メディプラスゲルは問題なく使うことができました。

この商品の良かったところは、プッシュ式の容器で必要な量を適切に使うことができるところです。

匂いもほぼ無臭なので、化粧品特有の匂いが苦手な方でも使いやすいです。

保湿力もオールインワンジェルとしては満足できるほどで、今回使ったオールインワンジェルの中では評価は特に高かったです。

メディプラスゲル

フィトリフト

おすすめ
料金 1,980円(初回)
4,968円(通常)
内容量 50g(1ヶ月分)

保湿力に関しては、かなり良いな!と思えるオールインワンジェルです。

復元力が高い特殊素材を使っているらしく、ジェルの浸透力が高いと感じました。

気になるところは内容量で、ちょっと1ヶ月分の量が少ないので思い切って使えないところです。

ただ使い心地はとても良く、オールインワンジェルの中では保湿力があるのでおすすめにしました!

フィトリフト

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

おすすめ
料金 2,980円(初回限定)
3,980円(2回目以降)
内容量 150g(2か月分)

ベタつきが少ないオールインワンジェルなので、ベタベタするのが嫌いな方にお勧めです。

さっぱりした使い心地なので保湿力に心配がありましたが、なかなかの保湿力があったので合格です。

公式サイトを見ると、パックや化粧下地の効果もあるようで、他のオールインワンジェルよりも良い部分が多かったです。

ただ、これに関してはそこまで過度な期待は禁物ですよ。

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

ピュアメイジング

おすすめ
料金 1,980円(初回)
4,496円(2回目以降)
内容 60g(1ヶ月分)

ネットの口コミで評判が良かったので使ってみましたが、バランスが良いオールインワンジェルだと感じました。

保湿力に関してはちょっと弱い印象もありますが、気になるほどでもありません。

ニキビやシミの予防を強く訴求していますが、シミに関しては長期的に使ってみないとわかりません。

コスパもそれなりだったのですが、悪い部分もなかったのでおすすめできるオールインワンジェルとして紹介しました。

ピュアメイジング

シミウス

おすすめ
料金 4,098円(定期便)
内容量 60g(1ヶ月分)

ネットで有名なシミ対策ができるオールインワンジェルです。

シミを薄くするというキャッチだけあり、美白効果は他のオールインワンジェルより期待できますね。

保湿力に関しても問題なく、口コミで人気がある理由もわかります。

ただシミに関してはすぐに消えるものではありませんし、ちょっと過大広告の感じもあります。

ですがオールインワンジェルとしてはおすすめできる商品なので紹介しました。

オールインワンジェルでシミを薄くすることは難しいかもしれません

今回は、スキンケアを短時間でできるメリットがあるオールインワンジェルについて説明しました。

忙しい朝などにピッタリのスキンケアでおすすめできるのですが、シミなどを薄くする効果についてはそこまで期待しない方がいいでしょう。

成分なども良いものが配合されていますが、シミに関してはしっかりと化粧水から美容液まで丁寧にケアしたほうが効果が期待できます。

オールインワンジェルは1回のお手入れで効果を実感できますが、残念ながらシミなどの美白対策に関しては徹底したケアに及ばないでしょう。

綺麗な肌には欠かせないシミ対策については、ビーグレンなどの美白に効果が期待できる化粧品をおすすめします。

最後は少し宣伝のようになりましたが、色々な化粧品を使った結果、スキンケアは手入れをしっかり行うほど効果が出ると感じています。

オールインワンジェルは簡単にスキンケアができるので、現代の女性の強い味方になるのは間違いありません。

しっかりとオールインワンジェルのメリットとデメリットを考えて、あなたに最適なスキンケアを選択してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)